NowLoading...

motto HOT !!

https://github.com/hackz-hackathon-ankylo/neowise
Nuxt.js

Nuxt.js

JavaScript

JavaScript

Python

Python

GCP

GCP

Firebase

Firebase

motto HOT!! な場所を案内します。

ユーザーアイコン

Ryunosuke

MacBook
サムネイル

推しアイデア

これまでデプロイやCORSに泣かされ続けてきたので、フロントだけで完結する構成で組み、、

作った背景

寒いので赤道直下で世界一周したい。叶わぬならせめてサウナでのぼせたい。オーストラリアくらいでも可。

推し技術

Nuxtにチャレンジしました! SPA×Firebase Hosting便利。 外部API使い倒してやるぜ!は継続開発で頑張ります。

プロジェクト詳細

あったまる。今すぐ避寒地に行こうぜ! ということで、 「温かい」→南半球の手頃なところ 「暑い」→赤道近辺の手頃なところ 「熱い」→近くの手頃なサウナ をマップで示し、サウナ以外の場合は直線で歩いて回ったときに消費するカロリーとかかる時間まで計算してくれます。 ちなみに1kg痩せるためには7200kcalの消費が必要らしいです。擦り切れるまで歩きましょう。

デプロイで苦しみ続けた経験から、NuxtSSR×Firebaseでログイン基盤を作って臨みましたがあえなく撃沈。 →firebase deployは成功するがServer error、ログでは「moduleが見つかんないよ」と言われました。解決策に心当たりがある方いれば教えてください。 NuxtSPA×Firebaseで再チャレンジすると、GooglemapsAPIにCORSで弾かれるという、、、

デプロイとCORSに呪われていますが、継続開発で後者を解決したいです。

また、各都市の気温等はOpen Weather APIという気象情報のAPIサービスから持ってきています。 20万件のデータからJSで毎回算出するのは重そうだったので、Pythonで緯度を基準にリストを圧縮しました。 ローカルのJSONを開いて書き出すみたいな処理って実はやったことなかったので楽しかったです。

Ryunosuke

Ryunosuke

@1abdc2d1a3df6e2e